海外旅行記-はじめての世界一周

top

海外旅行記-マレーシア(ペナン島)

 

海外旅行記-はじめての世界一周 > 海外旅行記-マレーシアの華人たち

海外旅行記

海外旅行記 はじめての海外旅行 海外旅行記-お薦め本 ⇒海外旅行記-タイ編
タイは微笑みの国か?
バンコクの風景 ⇒海外旅行記-マレーシア編
ペナン島
マレーシアの華人たち ⇒海外旅行記-インド編
久美子ハウスの聖人
子連れ海外旅行記 ガネーシャとは カーリーとは ⇒海外旅行記-イラン編
国境を突破せよ!
⇒海外旅行記-アメリカ編
ロスのユニバーサルスタジオ
ニューヨークの摩天楼(Skyscraper) ブロードウェイ・ブギウギに迷い込む ⇒海外旅行記-イスラエル編
イスラエルに入国
(エルサレム地図)
海外旅行傷害保険|比較サイト リンク集

海外旅行記-マレーシアの華人たち

昔の勤めた職場では、シンガポール大学出身の華人を多く雇っていた。

出身地はシンガポールであったりマレーシアあったり、フリィピンだったりする。

その中の一人、中国系マレーシア人(ペナン出身)の結婚式に出席した時の話である。

彼はクリスチャン。

教会で式を挙げた。

新婦は中国系フィリピン人

彼の母親は中国系台湾人

新婦の父親は中国系シンガポール人で、母親が中国系・・・(忘れた)

もうよく覚えていない。

兎に角,来賓客は中国系なんとか人で,あふれかえっていた。

式の進行は日本語の後に北京語で行われる。

それにしても,彼らの絆には驚かせれた。

彼いわく「僕らは、世界中に親戚がいる。どこの国に行っても,すぐにでも生活できる。」との事である。

また、「シンガポールは,僕たち華僑・華人の国なんだ。」とも言った。

(ペマ・ギャルモ氏曰く“マレーシアから追い出された華僑が創った国がシンガポール”)

「恐るべし華僑・華人パワー!」私は華僑コネクションのすごさに驚かされた。

因みに、この結婚式には もう一人のペナン生まれの中国系マレーシア人がいたが、 面白いことに彼は英語しか分からないのである。
ペナンの“英国学校”に通っていて、親からも中国語を教わらなかったようだ? 彼は日本語もままならい状態だったので、牧師や司会者の言葉を容易に聞き取れる事はできなかったであろう。

華人は全て中国語を話せると思ってた私には、ちょっとした発見であった。

※華僑とは中国国籍を持つ移住第一世代を指す(華僑の「僑」は「僑居(仮住まい)」の意)。華人とは、現地で生まれた現地国籍を持つ2世、3世以降

スポンサードリンク

海外旅行記-マレーシアの華人たち

海外旅行記

My Yahoo!に追加
Add to Google
 海外旅行のQ&A
 格安航空券
 タイ
 マレーシア
 インド
 イラン
 中国
 アメリカ
 グルジア
 海外旅行のお土産
2017年09月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30